時代劇の衣裳を選ぶときのポイント

映画の撮影や舞台で時代劇を行うのであれば、その時代に合わせた衣裳が必要です。
しかし撮影に参加する役者の数やシーンによって多くのパターンに合わせた衣裳選びが必要です。こちらでは時代劇の衣裳についてのポイントをご紹介致します。

台本の背景を読み取って衣裳を選ぶ

時代劇というと着物を着た役者や背景を思い浮かべると思いますが、時代劇はその年代や状況によって着る着物や身につけるものも違ってきます。

そのため着物などの衣裳を探すのであれば、まず台本を読み込んでその背景となる時代がいつ頃であるかを理解する必要があります。時代に合わせた衣裳を選ぶことでより役者の演技が引き立てられ、観客を魅了する時代劇をつくることができるでしょう。

衣裳というとデザイン性も大切だとは思いますが、しっかり時代背景に合わせた色合いやデザインを選びましょう。

役者が映える衣裳を考える

日本文化として誇りがある時代劇ですが、時代劇の作品をつくる場合、映画として撮影するのか舞台で演じるのかによって衣裳の選び方も異なります。例えば、映画の撮影として時代劇を撮るならカメラのズームにより役者をメインとして撮ることができるため、その年代に合わせた控えめな色の衣裳を着ても十分役者を引き立たせることができます。

しかし舞台で時代劇を演じる場合は、時代に合わせた色の衣裳だと遠くから見る観客に対して役者を引き立てることは難しくなります。そのためある程度柄の入った衣裳、引き立たせる役者を目立つ色の衣裳にするなどの工夫が必要です。

衣裳選びには、そういった工夫やシーンに合わせて役者を引き立たせる衣裳も必要となってきますが、それらの衣裳は予算内で用意しなければなりません。

低予算で衣裳を用意するなら、貸衣装を利用してみてはいかがでしょうか。

演劇や撮影などで必要となる貸衣装をお探しなら、ぜひ東京衣裳にお任せください。
東京衣裳では様々なテレビ番組の衣裳選びに協力してきました。撮影用の衣裳だけではなく、人気ブランドや魅力あるデザインのウェディングドレスの貸出も行っていますので、貸衣装をお探しの方はお気軽にご利用ください。

インターネットに関するお問い合わせ

■■■お電話、FAXによるお問い合わせ■■■
(平日・第三、第四土曜日 10:00〜18:00 第一、第二土曜日・日・祝祭日は休業です)
TEL/FAX 03-3485-2105

■■■E-mail によるお問い合わせ■■■
event@tokyoisho.co.jp