貸し衣装を東京でご利用するなら
テレビや演劇など幅広いニーズに応える「東京衣裳」へ!

貸し衣装の専門店「東京衣裳」はテレビや演劇など幅広いニーズにお応え致します

貸し衣装の専門店「東京衣裳」はテレビや演劇など幅広いニーズにお応え致します

貸し衣装の専門店である東京衣裳は長年、数多くの映画やドラマ、テレビ撮影から演劇まであらゆるニーズに応えてまいりました。

夢をクリエイトするメディアの担い手として、時には笑いを提供するエンターテイナーとして、それぞれの目的に応じて衣装をご提供致します。

和洋を問わずあらゆるジャンルの衣装を取り揃えておりますので、貸し衣装のことならどうぞお気軽にご相談ください。

貸し衣装を東京でご利用するなら「東京衣裳」!映画・テレビの撮影やイベント用・ウェディングドレスのレンタルはお任せ!

貸し衣装を東京でご利用するなら「東京衣裳」!映画・テレビの撮影やイベント用・ウェディングドレスのレンタルはお任せ!

貸し衣装を東京でご利用するなら東京衣裳にお任せください。映画・テレビの撮影やイベント用の衣装はもちろん、ウェディングドレスのレンタルも可能です。

新作・ブランド問わず多種多様なドレスを随時入荷しています。ホワイトドレスはもちろん、カラードレスもご用意しておりますのでお好みのドレスをお探しください。

役者が役作りをするためには?

ドラマや映画、演劇など良い作品を作るためにも役作りは必要不可欠です。では、役作りをするためのポイントとは一体何なのでしょうか。

台本を読み込む

役作りをするうえで最初のポイントになるのが台本を読むことです。台本をしっかりと読み込むことで作品の世界観はもちろん、演じる役の性格や言動を把握し理解することができます。

また、台本には書かれていない要素にも意識を向けることで、よりその役に感情移入することができ、しっかりと役を演じることができます。

衣装や小道具の力を借りる

見る人にその役をわかりやすく伝えるためにも衣装やヘアメイク、小道具の力を借りることも大切です。演技は役を作りそれを表現することです。

どのような服を着るのか、どのような道具を使用するのかで、その役の価値観や考え方、センスを表現することにつながります。

貸し衣装に関するお問い合わせはこちら

会社名 東京衣裳株式会社
本社所在地 〒151-0066
東京都渋谷区西原3-21-8
TEL 03-3485-2101(代表)
URL http://www.tokyoisho.co.jp

お役立ちコラム

インターネットに関するお問い合わせ

■■■お電話、FAXによるお問い合わせ■■■
(平日・第三、第四土曜日 10:00〜18:00 第一、第二土曜日・日・祝祭日は休業です)
TEL/FAX 03-3485-2105

■■■E-mail によるお問い合わせ■■■
event@tokyoisho.co.jp